2009年03月13日

伊達政宗


サイズ
(高さ)約24 ×(幅)約15×(奥行)8,5cm(奥行)8,5cm、
重さ:約160g
材質:コールドキャスト
原画:正子公也
発売元:株式会社こうげつ人形

○正子公也氏の描く艶やかでいながら、猛々しい戦国絵巻の世界を立体化したフィギュアです。
注)前立や槍の穂先は非常に折れやすくなっています。お取り扱いには充分にお気をつけ下さい。
WEB SHOP 魂琥李斗<コンクリート>

posted by 源氏 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他戦国武将

2009年03月07日

江戸幕府初代将軍 徳川家康 出世兜-豆大兜 専用座布団付き



商品購入
江戸幕府初代将軍 徳川家康 出世兜-豆大兜 専用座布団付き

価格:¥3,500
発送時期:1週間以内

【商品詳細】

■ 商品名   出世兜-豆大兜 徳川家康   
■ 材質   兜:鉄製   
■ 型   徳川家康   
■ 種類   出世兜   
■ サイズ   高さ76×幅97×奥行80mm   
■ 重量   250g   
■ 配送コード   sa   
■ しのびやから一言   

戦国武将 徳川家康の出世兜-豆大兜です。出世兜とは、お子様の健やかな成長と出世を願って、端午の節句に飾られる「兜」す。  小さいながらも細工は細かく、専用座布団付きですので、どこに飾られてもさまになります。海外の方への日本土産としても最適です。
徳川家康(1542年〜1616年)
江戸幕府・初代将軍。在職1603-1605。
三河岡崎城主・松平広忠の長男。幼名竹千代、のち元信、元康、家康と改めた。  
はじめ今川義元、のち織田信長と結び東海に勢力を拡大、信長とともに甲斐武田氏を滅ぼす。
豊臣秀吉の天下統一後はこれに協力、関八州を与えられ、1590年江戸入府。関ヶ原の戦勝を経て1603年征夷大将軍となり、江戸に開幕。
将軍職を譲った後も大御所として実権を握り、大坂冬・夏の陣で豊臣氏を滅ぼし、統一を完成した。
織田信長と結んで駿河を、豊臣秀吉と和して関東を支配。
豊臣氏五大老の筆頭となり、秀吉の死後石田三成を関ヶ原の戦いに破り、  慶長八年(一六〇三)征夷大将軍となって江戸に幕府を開いた。 <p>秀忠に将軍職を譲ったのち駿府に隠退したが、大坂の陣で豊臣氏を滅ぼし、武家諸法度などを定めて、幕政の基礎を築いた。
辞世の句
「嬉やと 再び覚めて 一眠り 浮世の夢は 暁の空」

posted by 源氏 at 00:31| 徳川家

四国統一 長宗我部元親の愛刀 印籠刻鞘 陣太刀拵え (最高級居合刀) 刀掛台・刀袋・手入れ道具 (目釘抜き入り)がセットです



商品購入
四国統一 長宗我部元親の愛刀 印籠刻鞘 陣太刀拵え (最高級居合刀) 刀掛台・刀袋・手入れ道具 (目釘抜き入り)がセットです

価格:¥56,000
発送時期:1週間以内

【商品詳細】

     ■ 商品名   陣太刀 長宗我部元親拵え 印籠刻鞘   ■ 材質  刀:アルミダイキャスト、薄刃仕上げ   柄:木製、黒呂印籠刻仕上げ  鍔:合金製  鞘:木製、黒呂印籠刻仕上げ   ■ 仕上げ   黒呂仕上げ印籠刻鞘   ■ 種類   日本刀-居合刀   ■ サイズ   全長:約106cm、刃渡り71cm   ■ 重量   1330g(鞘を取って925g)   ■ 配送コード   sa   ■ しのびやから一言   四国統一の戦国武将、長宗我部元親  印籠刻鞘拵えの陣太刀です。  こちらの商品は、居合刀(新品)となります。  真剣ではございません。  居合刀・模造刀の刀身の材質は亜鉛、真鍮、  アルミニウムなどの合金製で、  刃紋が装飾として施されておりますが、実際には切れません。  また、所有届および登録証は必要ございません。  居合練習、観賞用にお求め下さい。   その他のオススメ商品  【居合刀】    伊達政宗拵え 山城橡藤原国包 62,000円    上杉謙信拵え 姫鶴一文字 38,000円    沖田総司拵え 菊一文字則宗 36,000円  【模造刀 模擬刀】    織田信長拵え 9,500円

posted by 源氏 at 00:31| その他戦国武将

山陰の麒麟児 山中鹿之助 出世兜-豆大兜 専用座布団付き



商品購入
山陰の麒麟児 山中鹿之助 出世兜-豆大兜 専用座布団付き

価格:¥3,500
発送時期:1週間以内

【商品詳細】

     ■ 商品名   出世兜 大 山中鹿之助 専用座布団付き   ■ 材質   兜:鉄製   ■ 型   山中鹿之助   ■ 種類   出世兜   ■ サイズ   高さ85×幅97×奥行80mm   ■ 重量   270g   ■ 配送コード   sa   ■ しのびやから一言   戦国武将 山中鹿之助の出世兜-豆大兜です。  出世兜とは、お子様の健やかな成長と出世を願って、  端午の節句に飾られる「兜」です。  小さいながらも細工は細かく、専用座布団付き  ですので、どこに飾られてもさまになります。  海外の方への日本土産としても最適です。   山中鹿之助 1545年??1578年  戦国時代の山陰地方の武将。戦国大名尼子氏の家臣。  実名は幸盛、通称鹿介だが講談の類で鹿之助とされたため  一般には山中鹿之介と呼ばれ、「山陰の麒麟児」の異名を取る。  幼少から尼子氏に仕え、講談などによると、尼子義久が  毛利元就に攻められ、次第に勢力を奪われていく中で、  尼子十勇士の一人として活躍したという。  永禄9年に尼子義久が毛利氏に降り、戦国大名尼子氏が滅びて以降、  御家再興のため尼子再興運動の中心人物として活動した。  御家再興のため三日月に祈った逸話  「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」

posted by 源氏 at 00:31| その他戦国武将

徳川四天王の一人 榊原康政 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!



商品購入
徳川四天王の一人 榊原康政 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!

価格:¥2,300
発送時期:1週間以内

【商品詳細】

     ■ 商品名   戦国武将フィギュア 榊原康政   ■ サイズ   横幅17.5cm、奥行き9cm、高さ21cm   ■ セット内容   戦国武将甲冑、旗指物、名札   ■ 材質   ダイキャスト(金属)・真鋳等   ■ 種類   戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア   ■ 配送コード   sa   ■ しのびやから一言   戦国武将 榊原康政のフィギュアです。  隅々までこだわった上質なフィギュアです。  省スペースでアクセントのある飾りに最適です!   榊原康政家紋:源氏車家紋とは?家々で定める紋。各家の紋所。   徳川四天王・十六神将の一人。  館林藩の初代藩主で、家康の覇業の功臣とされている。  言い伝えでは秀吉にずいぶんと可愛がられていたといい、  秀吉から豊臣の姓を賜っている。能筆家としても知られ、  家康の書状もよく代筆したとされている。  榊原康政 1548年?1606年  安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。  上野国館林藩の初代藩主。徳川氏の家臣。榊原家初代当主。  天文17年、榊原長政の次男として三河国上野郷に生まれる。   康政は幼くして松平元康に見出され、小姓となる。  天正12年、家康が織田信長の死後に頭角を現した  羽柴秀吉と対立し、小牧・長久手の戦いに至る。  この合戦で、三好秀次の軍勢をほぼ壊滅に追い込み、  森長可、池田恒興を討ち死にさせた。  また江戸時代に成立した『藩翰譜』によれば、  康政は秀吉の織田家の乗っ取りを非難する檄文を書いたという。  激怒した秀吉は康政の首に10万石の賞金首をかけたと  言われるが、康政は羽黒の戦いでも戦功を挙げた。  もっともこれによって秀吉の注意を引き、  家康と秀吉が和睦すると京都への使者に立てられて従五位下、  式部大輔に叙任された。  榊原康政の檄文  「信長公倒れるや、秀吉はその高恩を忘れ先に信孝を滅ぼし、  今また信雄を討ち主家を横領せんとす。  大逆無道の振る舞いである。  家康公、信長公との親交を想い憤激に耐えず、  大意のため秀吉を討たんとす。  天下諸侯よ、非道逆賊の秀吉に与して千歳に恨みを残すなかれ。  我が義軍に合力し令名を後世に伝えられよ。」  

posted by 源氏 at 00:31| 徳川家

忠義の臣 愛染明王 直江兼続 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!



商品購入
忠義の臣 愛染明王 直江兼続 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!

価格:¥2,300
発送時期:1週間以内

【商品詳細】

     ■ 商品名   戦国武将フィギュア 直江兼続   ■ サイズ   横幅17.5cm、奥行き9cm、高さ21cm   ■ セット内容   戦国武将甲冑、刀、刀台、旗指物、  名札、専用ケース(家紋入り)   ■ 材質   ダイキャスト(金属)・真鋳等   ■ 種類   戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア   ■ 配送コード   sa   ■ しのびやから一言   戦国武将 直江兼続のフィギュアです。  隅々までこだわった上質なフィギュアです。  省スペースでアクセントのある飾りに最適です!   直江兼続家紋:三盛亀甲に花家紋とは?家々で定める紋。各家の紋所。   上杉景勝の近侍として使えた上杉家の家老。  忠義の臣、智勇兼備の名将と言われ、  生涯側室を一人も持たなかったという。  「愛」という文字をあしらった兜を被っており、  「愛」は愛染明王、又は「愛宕権現」からの  由来と言われている。  後年、江戸城内で伊達政宗とすれ違った時、  兼続は知らぬ顔で会釈もしなかった。  政宗が「陪臣の身で大名に会釈せぬは無礼」と咎めると、  兼続は「政宗様とは戦場で相まみえる間柄だったゆえ、  負けて逃げる後姿しか拝見した事がなかったために、  お顔を存じ上げませんでした」と慇懃に答えたという  エピソードが残っている。  直江兼続 1560年?1620年  戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。上杉氏の家老。  父は長尾政景に仕えた樋口兼豊  (木曽義仲の重臣樋口兼光の末裔という)、  母は信州泉氏の娘(直江景綱の妹説もある)。  仙桃院(謙信の実姉で上杉景勝の母)の推薦で、  幼い頃から景勝に近侍していたといわれるが、  当時の様子が窺える良質な史料はなく、  父・兼豊の身分についても見解が分かれている。  「藩翰譜」によれば兼豊は薪炭吏だったという。  主君である上杉景勝を上杉謙信死後から補佐し、  豊臣秀吉から山城守・山形30万石の贈与などの  引き抜き行為を幾度も断るなど、  忠義に厚い名将として知られている。   秀吉評  「天下の仕置きが出来るのは小早川か直江」  

posted by 源氏 at 00:31| 上杉家

隻眼の天才軍師 山本勘助 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!



商品購入
隻眼の天才軍師 山本勘助 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!

価格:¥2,300
発送時期:1週間以内

【商品詳細】

     ■ 商品名   戦国武将フィギュア 山本勘助   ■ サイズ   横幅17.5cm、奥行き9cm、高さ21cm   ■ セット内容   戦国武将甲冑、刀、刀台、旗指物、  名札、専用ケース(家紋入り)   ■ 材質   ダイキャスト(金属)・真鋳等   ■ 種類   戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア   ■ 配送コード   sa   ■ しのびやから一言   戦国武将 山本勘助のフィギュアです。  隅々までこだわった上質なフィギュアです。  省スペースでアクセントのある飾りに最適です!   山本勘助家紋:左三巴家紋とは?家々で定める紋。各家の紋所。   出自は清和源氏・源満政の後裔で、  駿河源氏吉野氏の子孫と考えられる。  しかし、この武将に関しては若年の頃も不確かで、  はっきりした事は分からない。  醜男、隻眼、足も不自由だったと伝えられるが、  信玄の軍師で武田二十四将にも必ず選ばれる。  四回目の「川中島の戦い」で命を落とす。  「ヤマカンが当る」と良く言うが、  その語源の一説には山本勘助から来ているとも言う。  山本勘助 1493年??1561年?  戦国時代の武将。  諱を晴幸、出家後道鬼斎を称したというが、信憑性はない。  勘介とも書く。  武田二十四将の一人で、武田の五名臣の一人でもある。  武田信玄の伝説的軍師として講談などで有名である。  架空の人物ではないかとの説もあるが、武田信玄書状に  「山本菅助」の名があることから、  最近では実在した人物であるとの説が支配的である。  近年の研究で、勘助は武田軍の伝令将校だったのではないか  とする説もある。  生没年は、『甲陽軍鑑』によると1493年?1561年という。  生年は明応9年(1500年)説、文亀元年1501年説がある。  没したのは1561年9月10日川中島の戦いで討死したとされる。  

posted by 源氏 at 00:31| 武田家

海道一の弓取り 今川義元 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!



商品購入
海道一の弓取り 今川義元 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!

価格:¥2,300
発送時期:1週間以内

【商品詳細】

     ■ 商品名   戦国武将フィギュア 今川義元   ■ サイズ   横幅17.5cm、奥行き9cm、高さ21cm   ■ セット内容   戦国武将甲冑、刀、刀台、旗指物、  名札、専用ケース(家紋入り)   ■ 材質   ダイキャスト(金属)・真鋳等   ■ 種類   戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア   ■ 配送コード   sa   ■ しのびやから一言   戦国武将 今川義元のフィギュアです。  隅々までこだわった上質なフィギュアです。  省スペースでアクセントのある飾りに最適です!   今川義元家紋:足利二つ引家紋とは?家々で定める紋。各家の紋所。   今川氏の三男として生まれる。当主の兄、氏輝が死ぬと、  次兄の僧・玄広恵深と争い、これに勝って今川氏を継ぐ。  「海道一の弓取り」と呼ばれる程の強豪で、  武田信玄や北条氏康に対してもひけを取らなかった。  しかし、1560年5月19日、  尾張桶狭間で織田信長軍に破れ敗死する。  花押の代用として初めて「印判」を使用したのが父・氏親で、  義元も数種の印判を用いている。  今川義元 1536年?1598年  駿河の守護大名である今川氏の第9代目当主。  第7代当主・今川氏親とその正室である  中御門宣胤の娘(寿桂尼)の子。幼名は芳菊丸。  正室は武田信虎の娘で武田信玄の姉にあたる定恵院。  子に今川氏真、娘は武田義信の室となった。  ライバル・北条氏康は義弟にあたり、  また武田信玄の義兄でもある。  寄親・寄子制度を設け、軍事組織力の革命的な改革を行った。  桶狭間の戦いで織田信長軍の攻撃を受け討死した。  和歌  「心をば 紅葉に染めて 榊葉の 常盤の色を 契ともかな」  

posted by 源氏 at 00:31| その他戦国武将

九州の覇者 島津義久 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!



商品購入
九州の覇者 島津義久 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!

価格:¥2,300
発送時期:1週間以内

【商品詳細】

     ■ 商品名   戦国武将フィギュア 島津義久   ■ サイズ   横幅17.5cm、奥行き9cm、高さ21cm   ■ セット内容   戦国武将甲冑、刀、刀台、旗指物、  名札、専用ケース(家紋入り)   ■ 材質   ダイキャスト(金属)・真鋳等   ■ 種類   戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア   ■ 配送コード   sa   ■ しのびやから一言   戦国武将 島津義久のフィギュアです。  隅々までこだわった上質なフィギュアです。  省スペースでアクセントのある飾りに最適です!   島津義久家紋:丸に十字家紋とは?家々で定める紋。各家の紋所。   九州を統一した時に家康から、「大将自ら動くことなく、  家臣をうまく使う優れた采配を持っている。  これこそ大将の鏡である」と言わしめた名将である。   島津義久 1533年?1611年  戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。  薩摩の守護大名・戦国大名。島津氏の第16代当主。  3人の弟を使いこなし、九州を制覇した名将である。  家系は源頼朝の長庶子ともいわれる忠久を祖とする島津氏。  室町幕府の薩摩守護職・大隅守護職・日向守護職。  弟義弘と協力して、豊後・大友氏、肥前・龍造寺氏ら  有力大名を打ち破り九州を掌中にする。  しかし、豊臣秀吉の九州征伐を受け、抗戦するも敵わず降伏し、  薩摩・大隅2国と日向の一部を安堵された。  関ヶ原の戦いでは、西軍につき敗戦した義弘に代わり上京、  家康に謝罪している。  古今伝授を受け、教養高い武将でもあった。  辞世の句  「世の中の 米(よね)と水とを くみ尽くし  つくしてのちは 天つ大空」  

posted by 源氏 at 00:31| 島津家

賤ヶ岳七本槍の一人 加藤清正 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!



商品購入
賤ヶ岳七本槍の一人 加藤清正 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 本格的な造りです!

価格:¥2,300
発送時期:1週間以内

【商品詳細】

     ■ 商品名   戦国武将フィギュア 加藤清正   ■ サイズ   横幅17.5cm、奥行き9cm、高さ21cm   ■ セット内容   戦国武将甲冑、刀、刀台、旗指物、  名札、専用ケース(家紋入り)   ■ 材質   ダイキャスト(金属)・真鋳等   ■ 種類   戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア   ■ 配送コード   sa   ■ しのびやから一言   戦国武将 加藤清正のフィギュアです。  隅々までこだわった上質なフィギュアです。  省スペースでアクセントのある飾りに最適です!   加藤清正家紋:蛇の目紋家紋とは?家々で定める紋。各家の紋所。   母伊都が秀吉の生母と従姉妹の関係から、秀吉に仕える。  セロリを日本に持ち込んだとされており、  セロリの異名のひとつが「清正人参」である。  また、築城の名手としても有名である。  加藤清正 1562年?1611年  安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。  肥後熊本藩初代藩主。  豊臣秀吉の家臣として仕え、各地を転戦して武功を発揮。  肥後熊本の領主となる。秀吉没後は徳川氏の家臣となり、  関ヶ原の戦いで武功を挙げて肥後熊本藩主となった。  「賤ヶ岳七本槍」の一人として数えられるが、彼の武功は  朝鮮の役におけるものが最も有名である。  肥後熊本では現在においても人気が高い。  智勇兼備の名将としてだけではなく、築城の名手としても  有名である。明治43年に従三位を追贈された。  また、朝鮮の役での虎退治の伝説も有名である。  なお、手話において加藤姓を表す際は加藤清正の虎退治の  古事にちなみ槍を前に突き出すようなジェスチャーを行う。  辞世の句  「我が死なば 具足を着けさせ 太刀かたなを佩かせ  棺に入れ納むべし 来世の軍神たらん」  

posted by 源氏 at 00:31| 豊臣家譜代家臣